眼鏡について

眼鏡のお手入れ方法

ほこりや花粉、汗、皮脂、化粧品などで、メガネは意外に汚れています。
こまめに正しくお手入れすることで、すっきりと快適にメガネをご使用いただけます。

STEP.1 水で汚れを洗い流す

STEP.1 水で汚れを洗い流す A.流水でメガネの表面についているほこりを洗い流します。お湯の使用はレンズのコーティングがはがれる恐れがあるのでNG。
STEP.1 水で汚れを洗い流す B.皮脂や化粧品などで汚れている場合は、水で薄めた中性洗剤を指につけ優しくこすり洗いをし、汚れが落ちたら洗剤が残らないようしっかり水で洗い流してください。

STEP.2 やわらかい布でふく

STEP.2 やわらかい布でふく 水で洗浄後に、メガネふきやマイクロファイバーなど、やわらかい布で優しくふいてください。水で流さずそのままふいたり、粗い布などでふいてしまうと、レンズが傷ついてしまうので、お気をつけください。

STEP.3 正しく畳んで保管

STEP.3 正しく畳んで保管 メガネは、(1)左側のテンプルから畳むのが正式な畳み方です。
(2)右側からだと、正しく畳むことができないため、バランスが悪く、倒れた時にレンズが傷つくこともありますので、お気をつけください。

眼鏡の注意点

1. 60℃以上の熱や急激な温度変化は避けましょう。
  *夏の車での保管・ドライヤー・料理中の炎(焼肉の炭火)・冬の露天風呂・サウナ
2. なるべく乾拭きは避け、クリーナーなどで湿らせた状態で拭くのがベストです。
  *乾拭きはキズの原因になります。強い力で拭かず、やさしく拭きましょう。
3. 汚れがひどいときは中性洗剤(ママレモンなど)で水洗いをしましょう。
  *石鹸・シャンプー・ボディソープはレンズを痛めます。(アルカリ性・酸性)
4. 濡れたまま放置しますとシミになり取れなくなります。すぐに水分は拭き取りましょう。
5. メガネクロスはきれいに手洗いして下さい。
  *他の洗濯物と一緒ではなく、手洗いして下さい。
6. ちょっとでも見え方に異常を感じたらお気軽にご相談下さい。